再製塗装 施工後

古い玄関ドアが新品に早変わり!これが再製塗装です

0214再製塗装
玄関のドアが木製で、もう一度木目調を活かしたい!

玄関ドアがアルミサッシに代わって来ました。大手ドアメーカーでは、木製ドアの製造販売を中止しています。木製ドアは貴重な建具になります。木製ドアは、雨風にさらされて長年経つと塗装が剥げてしまします。塗装時に古い塗膜を落とし、専用の塗料で数回塗り重ねると、新品同様の質感に戻ります。シバタ工業では、このように、新しいものにとりかえるよりも、愛着のある玄関ドアを再製する、再製塗装を取り入れています。

玄関ドア再製

施工例1

施工前
再製塗装

木製ドア本来の木目調が、ペンキを剥がして再製装仕上げ元の木目が復活

sekougo3-300x55
再製塗装完了

施工例2

施工前
再製塗装

ペンキ塗装で生地がつぶれていた玄関ドアが、綺麗な木目調になりました。

sekougo3-300x55
再製塗装完了

施工例3

施工前
再製塗装 施工前
sekougo3-300x55
再製塗装 施工後

 

玄関ドア再製塗装の流れ

1.玄関ドア撤去
玄関ドアを一時引き取り工場へ持ち帰ります。その際、仮のドアを取付します。

玄関ドア撤去
仮のドア取付
 
2.旧塗膜を剥離
工場にて、今塗られている塗料をすべてケレン作業で剥離します。

旧塗膜を剥離

旧塗膜を剥離

塗膜剥離後

3.塗料を塗布
新たに塗料を塗布します。3~4回程度繰り返し塗膜を付けます。

塗料を塗布1回目
塗料を塗布2回目

塗料を塗布3回目
 
4.塗装完了
塗装が完了したら玄関ドアを取付けて完了です。

外壁塗装・リフォームのご相談はこちらから

(有)シバタ工業ではお客様の快適住まいのお手伝いをご提案しております。
どんな疑問でも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。